関東圧接業協同組合


概要

関東圧接業協同組合は、昭和45年6月に設立されました。

加入企業は、関東全域及び長野県を含む1都8県(東京都・神奈川県・千葉県・埼玉県・栃木県・群馬県・茨城県・山梨県・長野県)から56社の企業が加入しております。

当組合は、土木・建築工事の根幹を支えるガス圧接の技術と品質の向上を目的とした協同組合です。

現在、建設業ではISO9000sに準拠した品質管理システムが導入されており、当組合においても「ユーザーに信頼される技術・品質」を基本方針として掲げ、この基本方針をもとに「技術・情報・ビジネス」の3分野から事業を展開しています。

「技術分野」においては、圧接管理技士、基幹圧接技士、OJT指導員を育成するために圧接技術に関連する教育システムを確立し、圧接技術の向上を推進しています。

また、圧接技術の向上のために、系統立てた教育課程を作成し、基幹圧接技士指導員が中心となり、OJT指導員育成のために講習会を開催し、技術者のレベルに応じたきめの細かい教育を実施しています。

「情報分野」では、情報化時代に対応するためにインターネットを利用した電子応援システムなど、組合企業のネットワークの確立、また共有の情報を活用していくために組合企業の双方向情報ネットワークの構築を行っています。

「ビジネス分野」においては、組合員同士が連携して共同で施工できる環境を整え、大型施工の受注の拡大を計っております。

以上、3分野の事業を推進していくことで、ユーザーに信頼される技術を確立し、高品質な製品を提供していくことが受注拡大につながり、業界の発展に寄与できるものと考えております。

組合活動

品質改善成果発表大会
第7回品質改善成果発表大会で「ZGPシステムの下限値変更に伴う圧接時の影響ならびに品質改善」についての発表を行い、審査員から高い評価を受けました。

経営者研修会
全国圧接業協同組合連合会主催による経営者研修会(富士教育訓練センター)に参加、建設産業の現状と専門工事業の将来についての研修が行われました。

優良圧接会社説明会
優良圧接会社の認定取得に向けて説明会を開催。説明会では優良圧接の審査基準、優良圧接に関する必要書類などの説明が行われました。

第11回全国ガス圧接技能大会
関西圧接業協同組合で開催された第11回全国ガス圧接技能大会に向けて、9月に予選会を開催、予選会から本選に向けて技術委員会と教育育成委員会が連携して選手の育成、指導を実施しました。

委員会活動

IT事業 /情報事業委員会
電子応援システムの本格稼動に伴い、関圧協のホームページを制作し、ホームページ上で共有できる双方向情報交換システムを確立するために活動を展開しています。

共同施工体制の整備 /共同施工推進委員会
圧接工事の受注拡大を計るために共同施工体制を確立し、また関連団体へのアプローチを積極的に行い、共同施工体制を広く認識してもらえるべく活動を展開しています。

教育訓練活動

圧接管理技士講習会 /技術委員会、圧接管理技士会
8月の圧接管理技士資格試験をめざして8月に2回集中講義を開催し、演習問題に沿った講義を実施しました。

基幹圧接技士育成講習会
第12期基幹圧接技士育成講習会が平成15年2月26日から3月3日まで富士教育訓練センターで開催され、関東から15名が参加し基幹圧接技士の資格を取得しました。

第3期基幹圧接技士指導員育成講習会
富士教育訓練センターで開催された第3期基幹圧接技士指導員育成講習会に関東から指導員の資格取得のために参加しました。

OJT指導員育成講習会 /教育育成委員会、技術委員会
圧接技術向上のためにOJT指導員育成講習会を開催し、技術指導員及び若手技術者の育成に注力、各作業者の技術レベルに応じた段階的な教育課程を作成し教育体系を確立しました。

支部会活動

東関東支部会・南関東支部会・北関東支部会
単価問題、(社)日本圧接協会のサーベイランスの説明、高周波誘導加熱におけるパイプ事業の企業化ならびに鉄筋への技術応用の説明、機械式継手の材料の圧接性、優良圧接取得に向けての説明会を実施しました。

講習会

認定訓練校として職長教育・玉掛技能講習等の資格取得のために各種講習会を実施しています。

(1) 職長教育講習会

(2) 安全衛生責任者教育講習会

(3) 玉掛技能講習会

(4) 高所作業車運転特別教育講習会

(5) クレーン運転特別教育講習会

(6) 低圧電気取扱い特別教育講習会

(7) 研削砥石特別教育講習会