名称
丸の内ビルディング
所在地
東京都千代田区丸の内2−4−1
敷地面積
約10,029
建築面積
約7,500
階数・高さ
地下4階・地上37階建て・約180m
容積対象床面積
約144,000
延床面積
約160,000
構造
地下:鉄骨鉄筋コンクリート造
地上:鉄骨造
駐車台数
409台
設計監理
(株)三菱地所設計
施工
(株)大林組・大成建設(株)・清水建設(株)・(株)竹中工務店・鹿島建設(株)・三菱建設(株)共同企業体
運営管理
三菱地所ビルマネジメント(株)
工期
平成11年4月着工 平成14年8月竣工
概要
・オフィスゾーン
9階から34階に位置し、延床面積約100,000。基準階貸室は使い勝手を重視した約2,000の無柱空間を実現しています。天井高は床下10cmの二重床を採用した上で2.8mを確保。空調は各フロア115ごとのきめ細かな調整が可能です。通信インフラ、セキュリティー、24時間対応の最新ファシリティ等、最高の機能と環境を提供することで入居テナントの事業活動をサポートします。
・商業ゾーン
地下1階から6階、35階・36階に位置する商業ゾーンは140店舗からなり、商圏は丸の内の就業者だけでなく、東京駅等丸の内を通過する交通網の利用者から、新幹線利用者まで超広域からの大人のマインドを持った幅広い世代の方々を想定しています。
そして、各店舗がターゲットの感性にフィットしたライフスタイルを想定し、“丸の内スタイル”の確立を目指しています。
・インタラクティブゾーン
1階、7・8階には丸ビルを象徴するインタラクティブ(相互作用)ゾーンを設け、若手ビジネスパーソンをターゲットとしたビジネスクラブ(東京21cクラブ)、多目的ホール、会議室などを用意。ビジネスはもちろん、文化、ライフスタイル等様々なイベント展開が可能な情報発信の場、更にコミュニケーション形成の場として快適な交流空間スペースです。 

- BACK -